この研究会は、兵庫県立教育研修所で知り合った仲間が集まって平成10年より活動を始め、姫路を出発点にして、毎年兵庫県下各地で研究大会を開催してきました。

いじめ・不登校・薬物乱用・暴力など様々な問題を抱えた子どもたちの心を受け止めていくために、教育にたずさわる者たちはなにをするべきか、どうあるべきかを教師一人ひとりが真剣に考えていかなければなりません。

昨年は第15回大会として神戸市産業振興センターにて開催されました。

  • 外面(PDF 1.2MB)

    外面(PDF 1.2MB)

  • 内面(PDF 1.4MB)

    内面(PDF 1.4MB)

2010年に実施した親訓練プログラムにまつわることを絵本仕立ての小冊子に仕上げました。

第16回 子どもの心と教育研究大会

開催日
平成25年8月9日(金)
教育フォーラム

「子どものための学びをつくる」

〜 わたしが手と心でできること 〜

その他
大会概要・分科会概要

アロマセラピーの教育的効果

『香り』と『タッチング』が子どもの脳に及ぼす驚くべきプラス効果

西宮地区学習会(2008年10月25日)

講師:今村 祥 氏(NPO法人 海・空・太陽代表、ミュゼ株式会社代表)

参加者38名。

まずは今村先生の「アロマについての基礎知識」の講義に続き、ルームスプレーの製作とハンドマッサージの実習を行いました。ほのかにいい香に包まれ、各自思い思いに自分の好きな香のエッセンスを3種類選び、そのエッセンスをエタノールで溶かし精製水で割って完成です。私は安眠とリラクゼーションの効用を持つ香、ラベンダーと更年期障害などホルモンバランスを整えるゼラニウム、甘い香の伊予柑をブレンドしたスプレーを作りました。早速、その晩、枕にふりかけると柔らかい香に包まれスーっと眠りの世界へ。もう、手放せない一品となりそうです。

私の友人は「夫のいびきを止めるスプレー」を作り実践。見事、夫のいびきは止まったそうです(笑)

ハンドマッサージでは、「ゆうき」というアロマオイルを使ってお隣同士で実習しました。初めて会った人と、笑顔でコミュニケーションをとりながらのハンドマッサージでしたが、とっても気持ちよくて、自宅に戻り家族にやってあげると大変喜ばれました。

家族との新しいコミュニケーションツールが見つかった感じです。

参加された皆様からは、大変喜ばれ次回を期待する声が聞かれました。次はアロマソープ作りに挑戦したいです。(文責・加島)

NPO法人PARIF(パリフ)設立!

PARIF(パリフ)は2008年5月に教師や保護者等子どもの教育に携わる全ての人々に対して、教育技術の継承、相互の教育情報の提供、教育問題解決への相談等を支援するために設立されました。

こうした事業等を通じて子ども達により質の高い教育環境を提供し、学ぶ楽しさや充実した体験を与えることで子ども達の健全な育成に寄与することを目的としています。

このような目的を達成するためにすばらしい授業提供者を全国から募集し、厳選された授業者を登録しデータバンク化することにより全国の教育現場から必要に応じた『でまえ授業』を提供していきます。